財団について

設立趣意書

 
  46億年という地球の歴史を振り返ってみますと、地球上に「水」が存在するようになったことが生命の誕生の始まりでありました。この「水」が生物を生み、河が人類の文明を育み、水は人類社会の発展に大きな役割を演じてきました。そして、人類の知恵は、機械・産業文明を開花させ、現在の豊かな人間社会を造りました。
 その反面、これら人間社会の豊かさは、地球の環境維持システムにくるいを生じさせる結果となり、人類にとってかけがえのない資源である水を汚染し、様々な環境問題の発生に至りました。
 環境問題に対する解決への取組みは、人間が地球と共生できる「持続可能な発展(Sustainable Development)」を模索することにあると考えます。
 次世代の子供達に豊かな水と環境を引き継ぐためには、この「Sustainable Development」に関する科学の振興を重要視し、人間と自然が調和した豊かな環境の創造に取り組むことが急務であると考えます。
 栗田工業株式会社は、昭和24年(1949年)の創立以来、水資源の確保から用・排水処理、廃棄物処理など、水処理を中心とした事業を通じて社会の発展と環境保全に貢献してまいりました。
 この度、事業とは別の形で広く社会に貢献することを意図して、栗田工業(株)および関連会社の出捐により、「クリタ水・環境科学振興財団」を設立し、水と環境の科学の分野における調査・研究およびその国際交流に対し助成をおこない、21世紀の社会の発展と豊かな地球環境の創造に寄与せんとするものであります。
 
 
 
 
 

理事長挨拶

 
 クリタ水・環境科学振興財団は、1997年3月12日、水と環境の分野における科学技術の発展に寄与することを目的に設立されました。
 設立趣意書にも述べましたように、人類の将来にとって環境問題の解決は急務であります。私たちの世代は、続く世代への責任として、叡知を結集して地球環境の維持・改善を果たさねばなりません。
 本財団はこのような状況に鑑み、「環境」とりわけ私たちの生活・文化・生産活動に欠かせない「水」の分野における科学技術の発展に、些かなりとも貢献することを目指して事業を行ってきました。
 
 皆様方におかれましては、本財団の趣意にご理解ならびにご支援を賜りますとともに、財団運営全般に対するご指導・ご鞭撻を切にお願いするものであります。

                      2017年6月
                       公益財団法人クリタ 水・環境科学振興財団
                               理事長 中井 稔之






案内地図

〒164-0001
東京都中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト(栗田工業株式会社内)
TEL 03-6743-6796
公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団

JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口より徒歩5分
地図

バナースペース

公益財団法人
クリタ水・環境科学振興財団

〒164-0001
東京都中野区中野 4-10-1
中野セントラルパークイースト
TEL 03-6743-6796
>>案内地図